2010年10月17日

今日は休診日ですが…

 こんにちは。
 すっかり秋も深くなり、朝晩は少し肌寒いほどですね。今日はあちこちで秋祭りがあるらしく、先ほどはっぴ姿の子供たちを見かけました。

 さて今日は日曜日ですが、インプラント施術のため実は午前中ちょっとの間木下歯科は開いています。
 通常の診療時間内だとどうしても手がとられてしまうのでインプラントの土台を埋め込む日は木曜や日曜など休診日に設定します。
 
 せっかくの機会なので数枚写真を撮ってみました!

doc.JPG

 ↑インプラントは副院長の担当です。感染予防のため、いつもより重装備!

doriru.JPG

 ↑インプラントの土台を埋め込むドリルのような機械です。足で押すボタンがカラフルな肉球型でかわいい!

set.JPG

 ↑使用するセットです。スムーズに作業できるように使うもの、使いそうなものをあらかじめ用意しておきます手(チョキ)


 土台を埋め込む骨さえしっかりしていたら、おおよそ1時間あれば作業のほとんどは終わります。

 今回は施術前のお口の写真撮影をし、麻酔。それから歯ぐきを切り、ドリルの機械でドリドリっとねじのようにインプラント体を埋め込み手でキュッと締め、開いた歯ぐきをそおっと被せるように縫って、大きなレントゲン写真を一枚。仮歯を左右の歯にくっつけて終了でした〜

 痛さの感じ方は人それぞれですが、麻酔をするのでそんなには痛くないとよく患者さんに言っていただけますわーい(嬉しい顔)
 院長も副院長も麻酔が上手なので、初めての患者さんに麻酔する時痛くなくてビックリされる方、多いんですよ〜ハートたち(複数ハート)

 歯ぐきが回復し、インプラントが骨に定着すれば今度は型を取って上の歯の構造物を付けて治療は完了です。

 骨の回復に時間がかかるので終了までどうしても時間がかかってしまいますが、自分の歯のようにしっかり噛めるので、失った歯の治療としてインプラントはとってもお勧めです。
 保険が利かず自費治療になるので高いのがネックですが、入れ歯のようなわずらわしさがありませんので長い目で見ると検討する価値はあると思いますよ〜
posted by 木下歯科 at 12:00| お知らせ